' . "\n"; ?> 昆布が原料の白髪染め【悩み・目的別のおすすめはコレ!!】
昆布が原料の白髪染め【悩み・目的別のおすすめはコレ!!】

昆布が原料の白髪染めは、通常の白髪染めとどう違う?

昆布の白髪染めは髪や頭皮に優しい

昆布が原料の白髪染めの特徴は、髪や頭皮に優しいこと。
市販の1剤・2剤に分かれているタイプの白髪染めやヘアカラーは、価格は安いのですが、髪や頭皮に悪影響を与えます。 使うときに、頭皮に保護クリームを塗ったり、ビニール手袋が必要なのはそのためです。 すでにご存知だと思いますが、頭皮につくとヒリヒリして赤くなったり、髪がパサパサ・ボロボロになったりします。 これは薬剤が強アルカリ性で、キューティクルをはがしてしまうからです。

逆に、昆布の白髪染めは、天然成分を多く配合し、素手で使えるくらい優しくできています。 シャンプーのときにトリートメントとして使うのですが、ビニール手袋などの準備がいりません。 手にとって髪になじませ、10分ほど待つだけ。 とても簡単に染めることができます。 また、キューティクルを開かないので、しっとりと染まります。 髪や頭皮を傷めないからこそ、しっとり艶やのあるキレイな髪に染まるのが昆布の白髪染めの最大の特徴です。

昆布が原料の白髪染めは天然成分をたくさん使っているので、市販のものより価格は少し高め。ですが、使い切りではないのでトータルのコストは安くなります。 昆布が原料の白髪染めで人気が高いのは、利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、くろめヘアカラートリートメントなどがあります。

昆布が原料の白髪染め、それぞれの違いは?

昆布の白髪染めで人気の高い「くろめヘアカラートリートメント」、「ルプルプ」、「利尻ヘアカラートリートメント」の違いを見てみます。

比較 くろめヘアカラートリートメント ルプルプ 利尻ヘアカラートリートメント
くろめヘアカラートリートメント
くろめヘアカラートリートメント
ルプルプ
ルプルプ
利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメント
昆布の種類 くろめ昆布
(フコイダン、アルギン酸、フロロタンニン)
ガゴメ昆布
(フコイダン、アルギン酸)
利尻昆布
(フコイダン、アルギン酸)
金額 2,980円 3,240円 3,240円
髪や頭皮が傷まない
(安全性)

色の種類 1種類
ダークブラウン
3種類
ブラウン
ダークブラウン
ナチュラルブラック
3種類
ライトブラウン
ダークブラウン
ブラック
仕上がりの美しさ
内容量 200g 200g 200g
1本の使用回数
(ミディアムヘアの場合)
14回 7~10回 15回
使用頻度
(1度染まってから)
1週間に1回 1週間に1~2回 1週間に1~2回
総合
安全性No.1
長持ちする
安全性と色数 安全性と色数

表の見方
:とても良い、 ○:良い、 △:普通、 ×:ダメ


髪が傷まないのは、くろめヘアカラートリートメント

安全性や髪の傷みが少ないことで選ぶなら、くろめヘアカラートリートメント!。 希少な天然の最高級「くろめ昆布」を配合し、頭皮も髪も傷めません。 くろめ昆布のフロロタンニンが紫外線からのダメージ防ぎ、色落ちしにくく長持ちします。 また、旭化成ケミカルズと共同開発した新補修成分「ペリセア(ジラウロイルグルタイミン酸リシンNa)」が髪を補修しながら、しっかりと染めます。
唯一のマイナスポイントは、色が1種類しかないこと。 白髪染めを使う人の多くがダークブラウンを選ぶそうなので問題無いかもしれませんが、色も選びたい方はルプルプが良いと思います。


昆布の白髪染めは、染まらない?

昆布の白髪染めはメリットばかりなのかとういと、そういう訳ではありません。 市販の白髪染めよりも染まりにくいと感じる方もいると思います。 トリートメントタイプの白髪染めは、何度か使っているうちに染まるようにできています。 1剤・2剤タイプのように一度に染めてしまうと、キューティクルを剥がしてしまい髪がボロボロになるからです。 安全性や髪への優しさを第一に考えて、そのように作られているのです。
初めて使うときは、数日~1週間ほど毎回のシャンプー時に使います。するとしっかりと染まるので、その後は1週間に1~2回使うのが正しい使い方です。 昆布の白髪染め、おすすめはこちら